(一般社団)日本看護学校協議会共済会とは

 一般社団法人日本看護学校協議会共済会は、看護をはじめとして臨地実習が不可欠な医療・福祉系学生の皆さまの、実習中および学校生活の安全対策を中心とした活動を行うために、平成12年4月に任意団体として設立されました。設立当初の会員数は約5万8千人でしたが、現在では、学生の皆さまだけでなく、臨地実習に付き添われる教職員の皆さまや、病院等で勤務されている看護職の皆さま、それに看護の認定資格等の取得を目指す専門職の皆さま等、約23万人を超える会員の皆さまの安全対策に取り組んでいます。
 平成18年からは、会員の皆さまの声を反映できるよう代議員制度を導入し、平成21年4月1日からは、法改正に伴い一般社団法人日本看護学校協議会共済会として新しくスタートいたしました。