アロマセラピーのメカニズム

植物から抽出された精油を体に取り入れることで、その特性が対内外から働きかけ、心やカラダの不調を整える代替、補足的療法です。

精油はこうして私達の心やカラダに作用します

精油のアプローチ行程

鼻〜脳へ

香りで刺激

空気中にある私たちの目には見えない精油の香り分子は鼻腔を通り、嗅細胞に届くと嗅覚受容器を刺激して、その香りの情報が電気信号となり、脳の中枢部へ送り込まれます。実際には、香の成分自体は若干肺に吸収されるものの、それより奥には到達しません。ほとんどが呼気によって吐き出されてしまうのです。

大脳辺縁系が判断

嗅覚は視覚や聴覚、触覚などの他の感覚器とは違い、大脳新皮質を介さず、直接脳の中枢部である大脳辺縁系へ届くのが特徴。大脳辺縁系は大脳古皮質とも呼ばれ、その働きはまだまだ完全に解明されていませんが、私たちの本能的な欲求や情動、記憶と結びついていることが分かっています(海馬→記憶、扁桃核→情動など)。その大脳辺縁系が香りの情報を判断し、快・不快といった感情や過去の記憶などをおこさせるのです。

リラックスの証明

また、自律神経系や内分泌系を支配する視床下部、下垂体に伝達され、それぞれの香りの成分に対応して神経科学伝達物質(ホルモン)が分泌されるといわれています。研究では、ラベンダーやネロリの香りがセロトニンの分泌を促進させ、神経系を鎮静、リラックス効果をもたらし、グレープフルーツの香りはエンケファリンの分泌を促し、痛みの緩和や幸福感をもたらす等々が明らかにされました。

香りを嗅ぐことは、感情や記憶、自律神経系や内分泌系、免疫系に作用し、心とカラダの各器官の機能に働きかけてくれる。

  1. 肺〜血液へ

香り分子が全身を駆け巡る

精油の香り分子は呼吸によって肺へ入ります。肺の肺胞では血液に酸素を送り込み、老廃物を排出するガス交換が行われますが、その粘膜を通過する体液や、周辺の毛細血管に香り分子が入り、血流にのってカラダの各部に全身に循環する仕組み。

香りを吸うことで体中に運ばれた香り成分が、カラダに様々な形で働きかけてくれる。

  1. 皮膚〜血液へ

香り分子は体液循環にのって全身へ

精油の香り分子はその構造が皮膚を透過するのに十分小さく、また親油性があるため、皮膚の保護膜を作る皮脂に溶け、容易に皮膚を通過し、体内に吸収されます。毛穴(汗腺や皮脂腺)と表皮の角質層から浸透していき、真皮の毛細血管、リンパ管などの体液に入り、全身の各器官に働きかけるのです。アロマセラピーのアプローチ方法の1つであるマッサージは、血行を促進し、さらに作用を高める効果があります。

精油を塗布することで香り成分がカラダの隅々まで行き渡り、全身の各器官に働きかけてくれる。

体内〜体外へ(排出経路)

仕事が終わった精油は体外へ排出

鼻や皮膚から体内に取り入れられた香り分子は体液の流れにのって、カラダの各器官に作用し、体内で分解され、最終的に呼気や汗、尿や便などに含まれ、体外へ排出されます。

本論考は著作物として著作権法によって保護されています。本論考の全部又は一部について無断で転用、複製、引用、又は改変等を行うことは、著作権法で禁じられています。

石原 裕子(いしはら ゆうこ)Yuko Ishihara

英国R.Q.A.(現、I.F.P.A.)認定
T.I.D.H.A.取得
ホリスティック・アロマセラピスト

主だったアロマ関連の仕事
1995年 アロマセラピー留学のため、雑誌編集者を辞め、渡英。
1996年 ロバート・ティスランドが校長を務める、The Tisserand Aromatherapy INSTITUTE(ロンドン)に入学。
アロマセラピー、解剖・生理、病理、マッサージ、キネシオロジー(筋肉反射運動論)、エッセンシャルオイル科学、栄養、コミュニケーション、マネジメント、ファストエイドの習得。
他に、リフレクソロジー(足裏反射区療法)、シャンピセージ(インド式ヘッドマッサージ)、バッチフラワーレメディ(花療法)を修了。
1997年 Holistic Aromatherapyのディプロマ取得。同時に、Register of Quarified Aromatherapist (現、International Federation of Professional Aromatherapists )メンバーとなる。
1997年 帰国。渋谷区広尾にアロマセラピーサロン「ワイズホリスティックアロマセラピー」を主催。
住宅メーカーでアロマのセミナー。
スポーツ選手へのアロマアドバイス(「報知新聞」に記事掲載)。
「Lee Mook」(集英社)アロマセラピーページ監修。
精神対話士コースを修了。
1998年 横浜の心療内科2日/週勤務。
横浜市の財団法人主催のアロマ講演。
リフレクソロジーの学校でアロマ講師。
アロマセラピー学会の医療従事者へ施術の講義。
「クロワッサン」(マガジンハウス)取材。
1999年 アロマセラピー&エステ会社の顧問(新人教育・スクールの講師など)。
薬学博士とアロマセラピーの共同研究。論文のタイトルは、「アロマバス(芳香湯浴)における水難溶性テルペン炭化水素およびエステル成分の優先的マウス皮膚吸収と組成変動について」(AROMA RESEARCH vol.1 No.2 2000)
横浜市瀬谷区でアロマの講演。
「暮らしと健康」(保健同人社)アロマ特集の監修。
ヘルスカウンセリングベーシックコース修了。
2000年 カラーセラピーの学校でアロマ講師。
奈良の病院で医療従事者向けアロマの講演
石鹸会社とアロマ商品企画。
2001年 (有)ワイズ・ホリスティック・アプローチ設立。広尾から移転。
横浜市中区にリフレクソロジー&アロマセラピーのサロン「プティアロマ」をスタート。
HP「ナチュラル美人」スタート。
スクール・セミナー主催。
読売新聞にコラム記事掲載。
2002年 「はじめる・楽しむアロマセラピー」(永岡書店)監修。
TVK取材。
映画の撮影に協力。
2003年 「週刊アロマセラピー&ナチュルライフ」(De AGOSTINI)監修
中国・北京のエステサロンでアロマの新人教育。
FM横浜取材。
横浜市財団法人での講演、セミナー。
2004年 東急ケーブルTV取材。
銀座の「MUJI」でアロマのセミナー講師。
「暮らしと健康」(保健同人社)アロマ特集の監修。
「マイフォーティーズ」(主婦の友社)アロマページの監修。
2005年 「プティアロマ」閉店。
「お酢のパワーを120%引き出す本」(青春出版社)アロマコラム執筆。
2006年 エッセンシャルオイル会社のアロマセラピースクール講師、顧問。
「サロン ヒロ」でアロマセミナー。
「メンズノンノ」(集英社)アロマページ監修。
2007年 「自由が丘 プティアロマ」スタート。
「サロン ヒロ」でアロマセミナー。
東急ママ大学講演。
2008年 養護学校でアロマの授業。
早稲田大学人間科学部健康福祉科学科(e-school)卒業 臨床心理「(認知)行動療法」専攻
卒論研究のタイトルは、「アロマセラピーにおける精油の種類と施術法が心理的身体的効果に及ぼす差異の検討」
主な監修本

「はじめる、楽しむアロマテラピー」(永岡書店)

「アロマテラピー&ナチュラルライフ」(De Agostini)

ページ上部へ