第1回 「心地よい眠り」のために知っておきたい12の法則

連載「睡眠」

連載「睡眠」
「気持ちいぃ~」目覚めを手に入れたい!

私たちヒトは人生の3分の1の時間は「睡眠」で過ごすといいます。寝ている間に身体及び脳の疲れを休息させ、修復再生させているのです。したがって、健やかな心身を維持するためには眠る必要があるということ。にもかかわらず、日本人の5人に1人は不眠で悩んでいるという調査報告があります。

また、滋賀医科大学精神医学講座(精神科神経科)今井眞氏が2005年、看護師330人を対象に「看護師らの睡眠とミスについての調査」を行ったところ、睡眠と事故との関係が明らかになりました。しかしながら現実は、2009年の日本と韓国の看護師の労働条件調査実態で、「今晩、いつもより早く仕事が終わるとしたら何をするか」という質問に対しては両国共に「睡眠」が最多だったのです。

各調査研究からも分かるように、睡眠はヒト、とくに看護職においては非常に重要な位置を占めるといえます。たかが「眠り」、されど「眠り」。快適な睡眠は、心身の健康、ミスのない仕事、そして人生の3分の1に快適をもたらすといえるでしょう。このページではそんな「睡眠」のメカニズムから上質な睡眠を手に入れる極意を毎回連載していきます。

バックナンバー

「心地よい眠り」を理解するために、まずは基本的な原理を知ることから始めましょう。

睡眠時間は人それぞれ、日中の眠気で困らなければ十分

刺激物を避け、眠る前には自分なりのリラックス方法

眠たくなってから床に就く、就寝時刻にこだわり過ぎない

同じ時刻に毎日起床

光の利用で良い睡眠

規則正しい3度の食事、規則的な運動習慣

昼寝をするなら、15時までの20〜30分

眠りが浅いときは、むしろ積極的に遅寝・早起きを

睡眠中の激しいイビキ、呼吸停止や足のぴくつき・むずむず感は要注意

十分眠っても日中の眠気が強いときは、専門医に相談を

睡眠薬代わりの寝酒は不眠のもと

睡眠薬は医師の指示で正しく使えば安全

※以上、「睡眠障害の対応と治療ガイドライン」より

資料提供…東洋羽毛工業(株)商品開発部 ホームページ http://www.toyoumo.co.jp/

本会について

公益事業

発行物

補償制度

医療安全

会員サービス

日本看護学校協議会共済会
〒104-0033東京都中央区新川2-22-2新川佐野ビル6F
member@e-kango.net