医療現場の感染事故予防対策

院内感染とは

病院(内)感染あるいは院内感染nosocomial infection,hospital-acquired infectionとしては、時間的な定義と限定的な定義とがある。

院内感染の定義

  1. 病院滞在中に感染した疾患。発症は病院滞在中の場合も、退院後の場合もある。
  2. 病院内という環境がなければ発生し得ない感染症。

院内感染の対象者

院内感染の対象者としては、入院患者、外来患者の別を問わず、見舞い人、訪問者、医師、看護婦、医療従事者、そのほかの職員、さらに院外関連企業の職員や実習生が含まれます。

ページ上部へ