医療従事者、実習生が知っておきたい賠償事故の法的責任

 一概に医療事故といっても、状況により千差万別であり、また職業人としての医療従事者と、実習生では法的責任が異なると考えられます。ここでは医療事故、また医療従事者や実習生が問われる法的責任について、共済会吉岡顧問弁護士による、一般的な見解及び、法的根拠を記しております。
  尚、実習生が係わる賠償事故に関しては、統一した法的見解がありませんので、当共済会としての、賠償事故に対応する法律上の根拠としてお考え下さい。

医事紛争とは?

弁護士 吉岡譲治

医療事故

 一般にうっかり物を壊してしまったり、人を傷つけてしまったりした場合私達はそれを事故とよんでいます。交通事故の例をあげれば、自分の車を他の車にぶつけて壊したり、人の家の塀にぶつけて壊したりした場合を物損事故といいます。自分の車を歩行者にぶつけて怪我を負わせたり死亡させた場合を人損事故といいます。このように、事故は大きく物損事故と人損事故に分けられます。

 更に、自分自身又は自分の物を傷つけてしまった場合を自損事故といい、他人や他人の物を傷つけまった場合と区別されます。

 ところで、通常「医療事故」と呼ばれているのはどのような場合を差すのでしょうか。前述した事故のほとんどの種類が含まれ、しかしながら、一般に我々が「医療事故」と呼んでいるものは、そのうちの第三者に傷害や死亡といった損害を発生させた場合で、更にその第三者が患者の場合です。医師や同僚を傷つけた場合について医療事故という呼び方をすることは通常ありません。人を傷つけたという点では何ら区別するべきものではありません。しかしながら、医療行為は、患者に対して投薬・注射・手術など人体に対して何らかの侵害を加えることになるため医的侵襲行為といわれています。もちろん、これらは法的に正当な医療と認められていますが、事実行為のみを見れば人に対する何らかの侵襲行為であることは間違いありません。従って医師や看護職などの医療従事者は、専門的な知識や技能を要求され、それが国家試験や免許などにより担保されるのです。これを、事故との関係でいえば、医師や、看護職などの医療従事者(以下「コ・メディカル」といいます)は、専門的立場からより高度の注意義務を負うのです?そこで、他の事故の場合と区別して医療行為を原因として発生した事故を「医療事故」と呼んでいるのです。

 また、看護行為を含めコ・メディカルがかかわる業務も患者さんという身体的、精神的に減退した人を対象として行うわけです。従って、他人(患者)の生命・身体を侵害する危険性が高く、これらの業務についても専門的な知識と技能が要求されます。また、チーム医療という観点からみると、コ・メディカルが行なう業務は医療補助行為として医療の一部です。そこで、看護行為などコ・メディカルが行なう業務を原因として発生した事故についても、「医療事故」に含めて理解されています。

 この「医療事故」のうち、医師や、看護職などコ・メディカルの不注意により発生したものを「医療過誤」といいます。

医療事故とは
医療行為に起因して生じた事故を総称していい、その中には医療従事者の過失責任を伴うものから不可効力的な無責事故までを含む
医療過誤とは
上記医療事故で医療従事者が当然払うべき注意義務を怠ったために患者に損害を与えた場合をいう
医事紛争とは
何らかの医療行為あるいは医療サービスに関連して生じた患者側と医療側との全てのトラブルをいう

「e-kango」にご加入の看護職の方々には、資料集「看護職に関する医療事故ガイドブック」をご送付しております。ご必要な方はフリーダイヤルTEL:0120-863755へご連絡下さい。

ページ上部へ